WHAT IS KAMITO?

KAMITO とは

KAMITOは、日本古来の製法に基づき製造された和紙を主原料とする素材・製品のブランドです。
和紙は持続可能な資源である針葉樹の間伐材やアバカから作られており、天然繊維でありながら機能性に富んでいます。
KAMITOは自然の恵みと日本の文化を融合させた、豊かで快適なライフスタイルを提案します。

和紙は、日本で1300年前から伝わる伝統的な職人技術品の一つです。古くから和紙は様々な用途に使用され、日本の多くの芸術や文化を形作ってきました。家屋の障子からスキンケア用品まで、和紙は日本の生活や文化に深く根ざしており、和紙づくりを中心に町が築かれるほど日本人にとって身近なものです。

KAMITO – 和紙を使用したサスティナブルな素材は、これまでの素材の代替品だけでなく、今日の日本の伝統工芸品を称える新たな価値の提案をします。

和紙の原材料

オーガニックアバカ
・農薬や肥料を使用せず短期間で生育、二酸化炭素の吸収に優れており、焼却時に有害な毒素が発生しない・植物繊維で最も強い素材の一つ

針葉樹
・森林保護を目的とした間伐材*と廃材を使用、本来廃棄される樹木の一部を有効利用し、持続可能な製品へ変換
*間伐材:植林に必要な光が森の底に差し込むように、伐採された木材

KAMITOは、エコフレンドリーでサスティナブルな原料を使用しています。

和紙糸の特性

KAMITOは天然繊維でありながら快適な機能性を兼ね備えています。

・速乾性

・吸水性

・抗菌性

・調湿性

多孔質である和紙に住む微生物によって抗菌作用が働き、においを分解し空気を浄化します。また、天然の多孔質の特徴を生かし、KAMITOは軽量で通気性、調湿性、調温性に優れた素材・製品を作り出すことができます。

製造方法

アバカや針葉樹のパルプを抄紙し、特別に開発された機械で1~2mm幅にスリット加工します。テープ状にスリットされた紙を、ITOI 生活文化研究所 糸井 徹氏が長年の研究の末、特許取得した製法*により撚糸し、しなやかで伸度のある和紙糸を生み出しています。この和紙糸は肌に触れる部分の99.9%が和紙になるように設計され、衣類や生活用品において快適さを感じることが出来ます。

KAMITOは、多くの職人技術によって生み出されています。

*特許構造糸を使用している製品には、商品ページに特許番号を記載しています。

KAMITOの想い

今、世界は様々な環境問題に直面しています。

私たちはKAMITOを通じて、環境改善に貢献し、製造工程の負荷の軽減と自然界との調和を目指します。

日本語 ja